姫路店コラム

キッチン収納

2019.05.10

こだわりの造作家具でスマートに暮らそう!

“造作(ぞうさく)家具”という言葉をご存知でしょうか。
家具の中でもオーダーメイドで作ることとなる造作家具は、「してみたいけどお金がかかりそう」と思う方も多いでしょう。しかし、造作家具はオーダーメイドだからこそ使用する素材を選ぶことでコストを抑えることもできるのです。

新しく一戸建てを建てる時には、収納力や使い勝手もUPする造作家具がとってもおすすめ!
更に、自分好みの素材で作ることができるのも魅力です。既製品を買う前に、造作家具について詳しく知っておきましょう。

 

造作家具って?


すでに出来上がっているものを後から取り付ける既製品の家具とは違い、高さや幅を部屋に合わせて自由にカスタマイズすることができる家具のことを造作家具と言います。
既製品と比べて、高さや幅、奥行き、素材、色などを自分で選ぶことができるので、家のコーディネートに合わせて作ることで統一感が生まれるのも良いですよね。
また、造作家具を家にとりつけることによって、空間を無駄なく使い、収納スペースを確保できます。

 

例えばこんな造作家具


 

キッチン収納

キッチン収納

暮らしの中でも食を担うキッチンは、収納に凝りたい場所のひとつですよね。
キッチンは特に家電製品や食器、買い置きの食品など、いくら収納があっても困りません。

既製品の収納棚は、高さや幅がすでに固定されているので、さらに追加することとなる場合が多いですよね。例えば、「上にもっと収納がほしい!」と思っても重量計算をしなければならなかったり、ちょうどいいサイズのものが見つからなかったりと意外と大変……。

造作家具なら一気に天井まで、自分が思い描く収納棚を業者さんに伝えるだけで、重さも計算されている安心設計のものが出来上がります。

 

 

壁面にとりつける収納棚

本棚や小物収納

テレビ台を兼ねた収納棚を見たことのある方も多いのではないでしょうか。これも手軽にできる造作家具です。
テレビの周りには、お気に入りの雑誌をディスプレイしたり、CDジャケットを見えるように置いてみたり、お子様のいるご家庭ではおもちゃを入れる収納スペースとしても利用できます。

また、本好きさんにおすすめなのが、一面の本棚。本は捨てられないでいるとかなりの面積を占領してしまいます。
レシピ本や小説など、自由に収納兼ディスプレイして楽しめるのも造作家具ならではですね。

 

ロングコートもワンピースもすっきり!

ウォークスルークローゼット

裾が長い衣服は、ハンガーにかけたら下についてしまうし、かといって畳んだらかさばるし皺も寄っちゃうし……。
そんな時にも造作家具が活躍します。最近ではメジャーな間取りとなったウォークインクローゼットやウォークスルークローゼットでは、造作家具がとってもおすすめ!

裾が長い衣服用の縦長ハンガーラック付き収納スペース、シャツなどを並べる通常衣服スペース、空いたところには靴下などを入れる引き出しを、なんて使い分けを想定した棚をつくることができます

 

 

要所を押さえて造作家具をオーダーしよう


「こんなものを作りたい!」と理想そのまま形にできる造作家具は、自分好みの空間にできるのでこだわりたい方におすすめ。
また、デッドスペースをなくすことで収納場所を確保することができるのも一戸建てに造作家具を取り付ける魅力ですね。

予算から素材を選ぶことでコストダウンをはかることができますので、その一戸建てのお家に合った家具をつくれます。一戸建てのマイホームを建てる時にはぜひ検討してみてください。

関連記事

こちらの記事も人気です