姫路店コラム

スキップフロア

2019.06.07

スペースを最大活用!スキップフロアの間取り

スキップフロアと呼ばれる間取りをご存知でしょうか。
スキップフロアは狭い土地や高低差のある土地でも、家を広く見せることのできる間取りです。通常通り設計するとどうしても出来てしまうデッドスペースを上手く活用することができるスキップフロアのある家。
スキップフロアとはどんな間取りなのか、そのメリットについてご紹介していきます。

 

 

中二階、中三階と呼ばれるスキップフロア


スキップフロアとは、1階と2階の間、あるいは2階と3階の間などに層を設ける建築方式を指します。
「中二階」「中三階」とも呼ばれ、高低差のある床を階段で繋げていく間取りです。土地の傾斜や段差に合わせることもできるので、比較的自由度が高く、どのような間取りにも対応できるのもスキップフロアの魅力ですね。
また、フラットな家に比べて、高低差のあるスキップフロアを加えることによって空間に動きをつけ、デザイン性の高いおしゃれな家になる間取りでもあります。

では、スキップフロアのある間取りにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

床面積の増え、オープンな空間に


スキップフロア間取り

スキップフロアは通常の二階建て住宅と比べて床面積が増えます。増えた床面積分、使えるスペースが広くなるため自由度が上がります。
高低差を利用するスキップフロアは、自然と奥行きが出るので広く見えるのと同時に、フロア同士の繋がりが緩やかになるため家族のコミュニケーションを取りやすい間取りでもあります。

 

 

収納スペースの確保


床面積が増えるということは、その分を収納スペースにすることができます。
単純にスキップフロアの下の空間が空くので、その部分を上手く活用すればより使い勝手の良い間取りになるでしょう。
収納としての利用だけでなく、少し天井の低い空間は子どもの遊び場としても活躍します。

 

 

狭小地や高低差のある土地も◎


高低差を利用するスキップフロアは、高低差のある土地でもスペースを無駄なく使い、広々として空間に見せてくれます。また、狭い土地でもスキップフロアを間取りに取り入れれば、床面積を確保することができます。

 

 

スキップフロアのデメリット


ソファダイニング_A

スキップフロアのメリットを記してきましたが、もちろんデメリットも存在します。
フロアを分断して、スキップフロアを加えていく間取りであるため、通常の住宅に比べて耐久性が弱くなります。横からの力に弱くなるため、強風や地震などに注意しなくてはいけません。高い耐久性のあるコアを入れるなど、設計段階でプロと相談すると良いでしょう。

また、構造計算が必要になる場合別途料金が必要になる場合があります。
さらに、スキップフロアのある間取りを取り入れる際に、建物の強度を高くするための建築費用がかかるケースもあるので、予算内で建てられるかどうかも確認してから取り掛かると安心です。

空間を広く見せ、土地とスペースを活用するスキップフロアの間取り。メリットもデメリットも、双方知った上でぜひ検討してみてください。

関連記事

こちらの記事も人気です