姫路店コラム

2019.11.22

[36坪/間取り]中庭で開放的なライフスタイルを送る家

注文住宅を建てる時に見ておきたい間取り図シリーズ!今回は土地が狭くても開放感がすごい中庭のある間取りを紹介していきます。
36坪の土地の広さだと、窮屈な印象になりがちですよね。この間取りではあえて中庭を取り入れることによってオープンな空間をつくり、家族の様子をどこからでも見守ることのできる優しい家になりました。マイホームを建てる前に様々な注文住宅の間取りを知ることでコツを掴んでいきましょう。

中庭間取り姫路中庭間取り姫路

 

玄関ポーチをポイントに


中庭間取り姫路

家の中だけではなく、玄関にも気を配りたいところ。第一印象は外からのイメージで決まります。少し広めにとった玄関ポーチは、自転車やベビーカーなどを置く土間収納として、観葉植物やベンチを置いてカフェのようなおしゃれな憩いの場としてなどいろんな活用法があります。

 

 

オープンキッチンはマスト!


中庭のある間取りはオープン式のキッチンにすることで、ワンフロアを見渡せる安心の間取りになります。家族がどこにいても見えるのは、ママだけでなく子どもにとってもホッと気持ちが落ち着きます。

 

 

自由に楽しむ中庭


リビングガーデン姫路

家の中心にある中庭は、光が差し込み注文住宅全体を明るく照らしてくれます。自然と触れ合える中庭は、四季を感じさせ代わり映えのない日常に彩りを与えます。
休日にはリビングと中庭の間にある出入り口でもある窓を開けてBBQをしたり、ピクニック気分で青空ランチを楽しんだり、夜には天体観測をしてみたり、家にいながら非日常を楽しめる間取りになります。リビングとの境界線をなくすこともできる中庭のある間取りは、アウトドアリビングにもなりより一層開放的に楽しむことができます。

 

 

適材適所の収納スペース


中庭とつながっている収納スペースには、子どもの遊び道具や趣味のガーデニングツールをしっかり収納できます。リビングにある収納は大きめなので、キッチンパントリー兼おもちゃの片付ける場所としても使用可能。近くに収納スペースがあるのでこどもの片付け習慣にもつながります。

 

 

スムーズな水回り動線


忙しいママが、家事に対するストレスをフリーにするために、水回りはぎゅぎゅっと集めましょう。効率のよい家事動線にすることで、食事の準備や洗濯を同時にこなすことができます。

 

 

中庭を見下ろすインナーバルコニー


理想の注文住宅づくり姫路

中庭を見下ろせる劇場に2階席のようなインナーバルコニー。中庭とともに上下で楽しみが広がります。屋根付きなので雨が降っても安心ですね。

関連記事

こちらの記事も人気です