姫路店コラム

一戸建ての設計姫路

2019.08.31

[42坪/間取り]らくらくお片づけ上手の家

家づくりを始める前に、間取りを見て自分で想像するのが実はとっても大事なこと。今回も実際に設計した注文住宅の間取り図をご紹介していきます。
収納上手になる家をテーマに、収納スペースのあり方も含めて注文住宅の42坪の間取り図プランが出来上がりました。

片付け上手の間取り姫路

片付け上手の間取り姫路片付け上手の間取り姫路

 

 

収納上手になるには


片付け上手の間取り姫路

「そもそも収納ってどこにどうあればいいんだろう?」といった方も少なくないはず。収納というのは、ライフスタイルによってクセがあり、ご家庭ごとに使いやすさが違うというのをご存知でしょうか。
ただ収納スペースが広いだけでは、収納上手にはなれません。取り出すのも、片付けるのもひと苦労だとだんだんそのスペースを使わなくなるのです。間取りの中で収納スペースを作る時には、どこにモノがあれば取り出しやすく片付けやすいか、ということに焦点を当てることが大切です。

 

 

土間収納で汚れを遮断


玄関に収納があるととっても便利!
さらに泥や砂を洗い落とさずそのまま片付けられる土間収納があるとなおよし。遊び道具やゴルフバッグ、ベビーカー、傘、長靴など、意外と外から持ち込むものは多いんです。
土間収納があればそのまま片付けられるのと同時に、水をそのまま流しても大丈夫なので掃除もラクラク。

 

 

ぷちクローク


上着や帽子、マフラーなどは家を出る直前につけるもの。二階にわざわざ取りに行かないで済むように、リビングや玄関の近くにかけられるようなちょっとした造作をつけることで、見た目もすっきりに。

 

 

お手伝いカウンター


キッチンの前にはカウンターを設置。キッチンからそのままお皿の受け渡しはもちろん、本や雑貨をディスプレイしておくのも良いですね。ちょっとした気遣いでおしゃれに暮らしを彩ることができます。

 

 

可動間仕切り収納家具


二階の部屋は、子どもが小さい時にはきょうだいで使って、ひとりで寝られるようになったら各自の寝室として使えます。可動間仕切り家具は、自分で移動させることができるから、自由に空間を使うことができます。

 

 

パパママのウォークインクローゼット


片付け上手の間取り姫路

主寝室からすぐに行けるようになっているウォークインクローゼットは、パパとママの共用スペース。ふたり分のスペースを壁できっちり分けることで、片付けやすくなります。

関連記事

こちらの記事も人気です