姫路店コラム

46坪の姫路注文住宅間取り

2019.06.24

[46坪/間取り]ママの負担を減らす家事ラクの家

マイホームを建てるなら、間取りから作成して自由に設計ができる注文住宅がおすすめです。ですが、間取りをイチから考えるのはなかなか大変ですよね。より住みやすい注文住宅をつくるためには、色んな間取りやモデルハウスを見ることが大切です。
本記事では46坪の間取り図を大公開!毎日の家事を少しでも楽にする工夫が詰まった注文住宅の間取りをご紹介していきます。

一階間取り図姫路

二階間取り図姫路

ロフト間取り図姫路

①動線を意識した両側スルーパントリー


パントリー姫路

今や注文住宅の間取りで当たり前となったパントリーをさらに使いやすくするために、動線も考えた両側から取り出しができるパントリーを作りました。キッチン側からはもちろん、玄関にほど近い場所からもパントリーにつながっています。
お買い物終わりに重い袋をわざわざキッチンに持ってくる動作をなくすために、玄関からすぐパントリーの裏側に置けるように考えた間取り。キッチンに行って置いておいた買い物の中身をスムーズに整理することができる使い勝手抜群のパントリーになりました。

 

 

②子どもを見守るスキップフロア

スキップフロア姫路

スキップフロアとは、高低差のある床をつくる建築方式のことを指します。通常の一階部分の床よりも高くなったスキップフロアは、子どもの遊び場やお昼寝の場所としても大活躍。
子どもの目線が高くなり、目が合うような高さになっているのでキッチンにいるママ、ソファでくつろぐパパと同じ目線で子どもも安心することができます。

 

 

③朝の時間をスムーズに!

玄関姫路間取り

朝家を出る時間は、かぶることが多いですよね。玄関で順番待ちをするのにも時間のロスが発生してストレスが溜まってしまいます。そんな朝のラッシュを解消するために、玄関の上がり框を縦長に設計しました。
そうすることで、朝の忙しい時間にイライラすることなく並んで靴を履くことができます。注文住宅ならではのこだわりですね。

 

 

④子どもの習慣に!ファミリースペース

階段ホールを広くとり、みんなが使えるファミリースペースをつくりました。目の前にバルコニーがあるので、洗濯物を取り込んだり畳んだりすることができるように、カウンタースペースとアイロン台を造作。家族それぞれの
動線上にあるので、気がついた子どもたちが自然と手伝ってくれる素敵な間取りになっています。
カウンタースペースは時に、パパが仕事をする場所、そして子どもが勉強する場所としても活躍します。

 

 

⑤パパお気に入りの秘密基地

吹き抜けの上にある、浮いているような一室。
そこは家族の声が通る場所で、いつでも家族を感じながら仕事や趣味に没頭できるパパの秘密の書斎です。ご飯ができたママが下から呼びかければ、すぐに反応できるのも嬉しいですね。

関連記事

こちらの記事も人気です