姫路店コラム

気密性の高いリビング姫路

2019.08.17

気密性能の高い家で注文住宅を長寿命に

家づくりを考える時に、一番最初に考えるのは間取りだったり、土地だったり、インテリアだったり、それはご家庭によって様々です。その中で注文住宅の”性能”について考える方はそこまで多くはありません。しかし、注文住宅の性能は住み心地や快適性に何よりも直接的な関わりがあります。
その性能に関わるもののひとつ、建物の気密性について今回は掘り下げていきます。

 

 

性能の良い家ってどんな家?


家の性能というと、外見的ではなく構造により大きく左右されると言っても過言ではありません。でも、内部のことなので素人にはあまりよくわかりません。
その中でも、性能の良さを象徴する言葉が「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」です。ZEHは様々な基準をクリアした、日本の中でもトップクラスの性能である、という太鼓判にもなります。基準のひとつには高気密性と高断熱性が大きく関わります。

 

 

気密性は必要?


気密性の高いリビング姫路

断熱性は外気温を遮断し、室内を快適に保つイメージはみなさんお持ちだと思います。では、気密性はどうでしょうか。どんな効果を促してくれるものなのか、細かく見ていきましょう。

 

・省エネルギー

気密性が高いということは、単純に言うと隙間が少ないということになります。断熱性と同じように、隙間をなくすことで外気温の変化などに影響されないようにする効果があります。
また、エアコンなどで調節した快適な気温を外に逃がすことなく室内にキープする役割もあります。そうすることで、電気代の節約にもなるのが注文住宅の高気密性のメリットです。

 

 

・注文住宅の寿命を延ばす

日本の家の寿命は、世界的に見てとても短いことをご存知でしょうか。その原因は湿気にあります。
家にとって湿気は天敵。多くの注文住宅が木造建築であり、湿気を家の中に溜め込むと建材が腐ってしまうのです。そこで気密性が大活躍!
気密性は、隙間から流れ込んでくる湿気を遮断します。そのおかげで、通常の木造住宅よりも高気密性能のある注文住宅の方が腐りにくくなるのです。

 

花粉やPM2.5の対策に

外の空気の方が綺麗だから、天気の良い日には窓を開けて換気しよう。その考えはもう古いのです。
中国からやってくる黄砂や有害な化学物質を含むPM2.5など、外の空気を家の中に持ち込むと健康を害する恐れもあります。また、花粉などのアレルギー対策としても、外の空気を遮断したいところ。
高気密性はそれらを遮断し、クリーンな室内を保つ役目も果たします。

関連記事

こちらの記事も人気です