姫路店コラム

キッチンの種類姫路

2019.08.24

キッチンの種類別メリットをご紹介

一戸建てのマイホームを建てる時に、何をメインに家づくりを進めていくのかは人によって様々です。子どもの遊び場やお昼寝ができる畳コーナー、家族みんなが集まるリビング、室内をキレイにキープする収納スペースなど、どんな注文住宅にしたいのか、そのご要望によってひとつだけのマイホームになります。
その中でも人気なのは、やっぱりキッチン。家のほとんどを任されるママにとって、ほぼキッチンにいると言っても過言ではありません。1日の多くを占めるキッチンスペースにはこだわりたいという方が多くいらっしゃいます。
では、どんなキッチンが自分に合っているのかを考えていきましょう。

 

 

広くおしゃれに!アイランドキッチン


アイランドキッチン姫路

島という意味を持つアイランドキッチンは、壁につくことなく独立したキッチンのこと。壁に面していない分とってもオープンで、広いリビングでもその存在感は目を引きます。
友人とホームパーティを開いたり、みんなで一緒に料理をしたり、一目見てどこに何があるのかがわかりやすいアイランドキッチンは、みんなで使えるので気分も上がりますね。

 

 

半オープンのペニンシュラキッチン


ペニンシュラキッチン姫路

キッチンのどちらか片方が壁についた、半島という意味を持つペニンシュラキッチン。アイランドキッチンよりも場所を取らないことから人気のキッチンスタイルです。
また、アイランドキッチンほどではありませんが対面式にすることで、広い空間を壊さず、子どもの様子を見ながら家事をするのにも適しています。

 

 

壁付けキッチンは動線良し◎


壁付けキッチン姫路

壁側にぺたっと取り付けた壁付けキッチンは、最小限のスペースで賄うことができる昔ながらのキッチンです。動線も最も短く、コンパクトで済むことから忙しいご家庭や狭小地にもおすすめ。
クローズキッチンとも呼ばれる壁付けキッチンは、オープンキッチンとは逆に壁に向かって立つため、室内を見渡すことは出来ません。しかし、料理に集中しやすいことや常に綺麗な状態をキープしなくとも隠せることといったメリットがあります。

 

 

良いとこ取りのセパレートキッチン


セパレートキッチンは、シンクとコンロが分けられたキッチンのことを言います。壁付けキッチンのメリットと、オープンキッチンのメリットの両方を持ち合わせたキッチンです。
自分の使いやすい距離や使う頻度に合わせてシンクとコンロの距離を決めることで、より効率よく家事をこなすことができます。

関連記事

こちらの記事も人気です