姫路店コラム

海外風インテリア姫路

2019.11.08

海外風インテリアで注文住宅を彩る

「日本らしいシンプルな注文住宅よりも、海外のような素敵な部屋に住みたい」とお考えの方も多いはず。海外の家のインテリアは日本にはない大胆さとシャープさが備わっていて、おしゃれで憧れますよね。住み心地を追求した日本の注文住宅に、海外のテイストを取り込むとどんな注文住宅になるのでしょうか。
海外風インテリアを取り込んだ注文住宅、そしておしゃれな海外風にコーディネートするコツをお届けします。

 

 

海外風インテリアって?


海外風インテリア姫路

海外のようなスマートでおしゃれな注文住宅とひとくちに言っても、細分化されていてその種類は千差万別。ホワイトベースのロココ調インテリアで優雅な雰囲気にするフレンチスタイルや、レンガやスチール素材を使ったカフェ風インテリア、使い込まれた飴色のアンティークな家具が心を落ち着かせるカントリースタイルなど、インテリアの種類は様々です。
自分自身に合った好みのインテリアスタイルを見つけましょう。インスタグラムなどのSNSでは、ハッシュタグでそのインテリアスタイルの写真を探して一覧で見ることができるのでおすすめです。

 

 

壁の素材選び


日本で注文住宅を建てる時、ほとんどがシンプルなホワイトあるいはクリームベースの壁紙を使用しています。もちろんシンプルな壁は、どんなインテリアや家具にも雰囲気を合わせることのできる万能さから人気がありますが、海外テイストにするためには思いっきり遊び心を加えることも必要です。
例えばレンガを壁に取り入れると、ブルックリンスタイルにがらりと変化します。レンガというと、くすんだオレンジ色のイメージがありますが、もっと暗くしたダーク系にすると男前インテリアにもばっちり合う素敵な空間に。白のレンガならカジュアルフレンチテイストに変身します。
素材に色を加えると一気にイメージが変わりますね。タイルだけでなく、アクセントクロスで差し色を入れるとぐっと引き締まります。

 

 

空いた壁にはギャラリーに


家具や棚を置いたら、「ちょっと寂しいな」と思う空白の壁に額縁に入れた写真や絵を飾ると一気にオシャレ度が増します。最近では壁紙なども上から貼ってもOKだったり剥がせるものもありますが、額縁や写真立ては簡単に中身を入れ替えることができるのでおすすめです。
壁も無駄なく装飾として使うことで、ちょっとしたポイントになり楽しめます。

 

 

空間を大きく使う


海外風インテリア姫路

昔は構造上ワンフロアを大きく開放的に使うことは不可能でしたが、最近では柱の内部に耐久コアなどを入れて強化することによって、まるでホテルのような広い空間を注文住宅に実現することができるようになりました。
一階部分は壁を最小限にし、どこにいても家族を見渡せるオープンリビングに、さらに吹き抜けを組み合わせるとより光と風が通り抜けるリゾートのような住まいになります。

 

 

家具を揃える


海外風インテリア姫路

やはりなんといっても住まいに彩りを与えるのは家具ですよね。家具はテイストを揃えることで、空間に深みが出ます。お気に入りの家具を使うと丁寧に生活するのを手助けしてくれます。
「これ!」と思うインテリアや家具を見つけたら、そのテイストを中心に合わせてみましょう。また、部屋ごとに少しずつインテリアスタイルを変えるのも楽しいですね。

関連記事

こちらの記事も人気です