姫路店コラム

住宅選び

2019.04.22

注文住宅と建売住宅の違いや特徴ってどんなもの?

一戸建てのマイホームを建てるにあたって注文住宅か建売住宅のどちらかを購入することになりますが、どちらが良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。
ずっと住み続けることになる一戸建ての家だからこそ、購入する前に注文住宅と建売住宅はどのような違いがあるのか知っておきたいですよね。
設計の自由さ、一番気になる費用についてなど、注文住宅と建売住宅の違いを比較していきます。

 

一戸建ての注文住宅とは


一戸建て注文住宅

土地を探し、その土地に間取りから考えて家づくりをしていく住宅を注文住宅と呼びます。
注文住宅ではイチからすべて決めて建てていくので、自分の理想どおりの一戸建ての家になるのが大きな特徴と言えるでしょう。
一般的に“家を建てる”ことは注文住宅を指しています。
住みたい土地の大きさや条件に合わせて、日当たりを調整したり、置きたい家具や設備を考慮して間取りを決めていくことができるので、自由度が高く、自分だけのこだわりの一戸建てを購入することができます。

 

注文住宅はこだわりたい人におすすめ!


上記でご紹介した通り、注文住宅はすべてにおいて自由に決めることができます。
土地を決めるところから始まり、間取りや建具、造作など様々なものを選び、自分だけのマイホームを作りこんでいきます。注文住宅の一戸建ての醍醐味は、自分で決められること。
全部を決めるのは大変なので、住宅会社のスタッフと相談や打ち合わせを重ねていきます。この打ち合わせに時間がかかることも多く、実際に建てるまでに1年かかることも。

 

建売で建てる一戸建てとは


スキップフロア

建売住宅は、最初から順序立てて決めて建てる注文住宅に比べ、分譲地などで既に建っている(これから建つ場合もあります)一戸建てを土地ごとまるまる購入します。
土地付きの一戸建てを購入するため、すでに間取りや設備が決まっており、建売住宅は自分で決められる部分が少ないため物足りない方もいるかもしれません。
その分打ち合わせは少なく済むため、なかなか時間がとれない忙しい方にはおすすめです。

 

安く一戸建てを購入できる建売住宅


間取りなどが決まった一戸建てをまるごと購入する建売住宅は、注文住宅よりも比較的お安くマイホームを手にいれることができます。住宅会社が分譲地を契約し、設計した間取り通りに建てていくため、建材に無駄もなく手間も少なく済みます。そのため注文住宅と比べて安く購入することが可能です。
すでに建築されている場合は、建てていく様子を見ることができないことは、不安の材料になるかもしれません。しかし、その建売住宅を直接見学して購入するかどうかを決めることができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。
入居するまでの期間も比較的短いため、「今すぐほしい!」という方におすすめです。

一戸建ての設計

これから自分の家を建てようと思っている方は、注文住宅・建売住宅それぞれの特徴をしっかりと確認して、どちらにするかを吟味してくださいね。

関連記事

こちらの記事も人気です

まだデータがありません。