姫路店コラム

理想の注文住宅づくり姫路

2019.08.11

都市部にはこれ!3階建ての注文住宅で楽しもう

土地の値段が高い都市部で一定の需要がある三階建ての家。地価の高さもさることながら、そもそも販売されている土地の多くが狭小地です。都市部ならではの利便性をとり、注文住宅を建てる段階になった時に三階建てを検討する方も多いのではないでしょうか。
しかし、一戸建てと言えばスタンダードな二階建て!という固定概念は早々取れるものではありません。「三階建てって使いにくいのでは?」と不安な方に、三階建てのメリットを解説していきます。

 

 

三階建て or 二階建て


一戸建てのマイホームを建てる時、意外と三階建てと二階建てのどちらにするか迷っている方は多いのです。ただ、統計にもあるように二階建ての住宅の割合の方が多く占めるには、三階建ての負のイメージが付きまとっていることも原因のひとつ。
三階建て住宅は「階段の上り下りが大変そう」「費用が嵩みそう」「耐久性に不安が」といった声を寄せられます。では、三階建ての一戸建ての実際のところについて見ていきましょう。

 

 

土地を最大限引き出す


三階建てのメリットと言えば、狭くても活用できる面積を確保できることでしょう。都市部で三階建ての注文住宅が多いのは、土地柄地価が高いことと売られている土地が狭いため。二階建てよりもワンフロア分の面積が増える三階建ての一戸建ては、狭い土地に適した家のカタチとも言えます。

 

 

光を取り入れる


採光姫路

利便性の良い地域であればあるほど、住宅が密集しています。角にあたる土地ならまだしも、隣、はては後ろまでも家に囲まれていると、せっかくのマイホームに光が当たらず暗い雰囲気になってしまいます。
それを打破するのが三階建て住宅。周りの家よりも高さがあれば、角地ではなくても日光を取り入れることができるので部屋全体が明るくなります。日光が家の中を照らすことは、とても大切なこと。室内が明るければ気分も浮上し、心身の健康にもつながります。

 

 

生活空間を区切りメリハリをつける


一階はお風呂や洗濯室といった生活に必須な水回りや収納、二階は家族全員が集まり団らんできるくつろぎのフロア、三階は家族ひとりひとりの個室でゆったりとプライベートを楽しむ、といったようにフロア毎にわけることができるのも三階建ての一戸建ての良いところです。
また、一階をまるまるインナーガレージにすることもできるので、駐車する土地を余分に購入することもなくコストの削減にもなります。

 

 

二世帯住宅としても◎


二世帯住宅姫路

三階建ての家ならば、親世帯と同居する時もプライベートをお互いに守って程よい距離感で関係を築くこともできます。一階部分を親世帯、二階は共同スペース、三階は子世帯といった風に分けるのもひとつの手ですね。
フロアが別であることは、音や話し声なども遮断してくれるのでプライバシーも守ってくれます。

もちろん、三階建ての一戸建てでは階段がひとつ増えるため、動線上に上り下りという動作が追加されます。それを大変と捉えるのか運動になると捉えるのかは、そのご家庭次第。それぞれのデメリットは家族の協力や考え方ひとつで解消されます。
利便性を一番に、土地面積を最大限活用できる三階建ての一戸建てを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

こちらの記事も人気です