姫路店コラム

二世帯住宅

2020.01.10

独立型?共有型?二世帯住宅のプランを考えよう

親と一緒に暮らす方の中には、結婚や出産を機に二世帯住宅を検討する方もいらっしゃいます。二世帯住宅を建てる場合には、建売で購入することはなかなか叶いません。あるいは、中古物件を購入しリノベーションするのも方法のひとつではありますが、やはり注文住宅として最初からオーダーメイドすることが多いものです。
親世帯も子世帯も心身を健やかに保つ秘訣は、ひとつ屋根の下でお互いに絆を深め、互いに助け合い、そして互いの暮らしのペースを守ること。注文住宅で二世帯住宅を建てる前に知っておきたい、ふたつの世帯が暮らしやすい3つの住まいの在り方をご紹介していきます。

 

 

注文住宅の二世帯住宅


家族が多いと家がにぎやかになり、両親が共働きでも子どもが寂しく思うことも少なくなるのも、二世帯住宅の良いところですよね。いざ注文住宅で二世帯住宅を建てる時期になるのは「どこまで共有するのか」。自由に設計することができる注文住宅だからこそ、じっくり考えていきたいところですね。

 

 

共有型二世帯住宅


注文住宅姫路

一般的に多い二世帯住宅は、こちらの共有型です。個々の居場所を確保しながら、強い家族の絆を築いて暮らせるプランです。
玄関やキッチン、お風呂、トイレなど基本的な生活空間を二世帯で共有する注文住宅なので、家事や育児、生活費、空間の効率化を図れます。また、ふたつの世帯が集まって夕飯を食べれば、家族間のコミュニケーションも自然と深めることができます。

 

 

独立型二世帯住宅


二世帯住宅をオーダーする方の中には、完全に世帯をわける独立型の注文住宅にしたいという方もいらっしゃいます。それぞれの世帯の独立性を保ちながら、いつでも会える距離にいる安心感のあるお隣感覚のプランです。
玄関から別々にすることで、それぞれの世帯に独立した戸建て感覚が生まれます。中には、親世帯の居住スペースにエレベーターを取り付けることも。足腰への負担を最小限にすることに加え、荷物の上げ下ろしなどにも便利です。
お風呂や洗濯室を含むサニタリールームも2つあるので各世帯の生活時間に合わせて家事をすることができるのもポイントですね。

 

 

部分共有型二世帯住宅


増税による住宅への影響姫路

上記で紹介した共有型プランと独立型プランを両立させたのが、注文住宅の部分共有型二世帯住宅です。プライバシーを大切にしながらさりげなく笑顔をかわせるあたたかい暮らしと、適度な距離感を考えたプランです。
共有部分を作ることで、居住スペースにゆとりが生まれます。お風呂や洗面スペースで顔を合わせる機会を自然に作り、適度なコミュニケーションをとれるのがこの部分共有型二世帯住宅です。また、親世帯にとって孫と触れ合う時間が増えるのも嬉しいところですね。

関連記事

こちらの記事も人気です